株式会社ジーンデザイン MENU
ホーム
お問い合わせ
ニュースリリースリスト
2013年(平成25年)
2012年(平成24年)
2011年(平成23年)
2010年(平成22年)
2009年(平成21年)
2008年(平成20年)
2007年(平成19年)
2006年(平成18年)
2005年(平成17年)
2004年(平成16年)
2008年12月16日
神戸で開催されたBMB2008に出展しました
(2008年12月9日~12日)


日本国内の研究者が集まるBMB2008が神戸ポートアイランドで開催され、ジーンデザインは当社の製品、サービスの紹介を行いました。
2008年11月20日 岐阜で開催された第18回アンチセンスシンポジウムに出展しました
(2008年11月17日~18日)


核酸研究者が集まるアンチセンスシンポジウムが岐阜大学医学部記念会館
で開催され、ジーンデザインは当社の製品、サービスの紹介を行いました。
また「核酸医薬の創薬支援から治験薬製造までを網羅するジーンデザインの
取り組みについて」という題で企業プレゼンテーションを行いました。
2008年11月05日 名古屋で開催された第67回日本癌学会学術総会・第46回日本癌治療
学会総会に出展しました
(2008年10月28日~11月1日)


国内外の癌研究者が集まる、日本癌学会・癌治療学会が名古屋国際会議場で
開催され、ジーンデザインは当社の製品、サービスの紹介を行いました
2008年10月21日 横浜で開催されたバイオジャパン2008に出展しました
(2008年10月15日~17日)


国内外のバイオ関連企業が出展するバイオジャパン2008がパシフィコ横浜で
開催され、ジーンデザインは当社の製品、サービスの紹介を行いました。
2008年09月16日
京都で開催された第18回International Roundtable onNucleoside, Nucleotides and Nucleic Acids(IS3NA)および第35回国際核酸化学シンポジウム(SNAC)の合同国際シンポジウムに出展しました
(2008年9月8日~12日)


世界中の核酸研究者が集まる、IS3NA+SNAC合同国際シンポジウムが
京都大学百周年時計台記念館で開催され、ジーンデザインは当社の製品、
サービスの紹介を行いました。



2008年07月28日
札幌で開催された日本RNA学会年会(RNAミーティング)に出展しま
した(2008年7月23日~25日)


日本国内のRNA研究者が集まる、第10回日本RNA学会(第10回RNAミー
ティング)が名古屋国際会議場で開催され、ジーンデザインは当社の製品、
サービスの紹介を行いました。

 

2008年07月08日
東京で開催された国際バイオEXPOに出展しました
(2008年7月2日~4日)


アジア最大のバイオイベント、第7回国際バイオEXPOが東京ビックサイトで
開催され、ジーンデザインは当社の製品、サービスの紹介を行いました。
また、「日本発!の核酸医薬品製造を目指して」という題でショートプレゼン
テーションを行いました。


2008年06月17日 経済産業省「地域イノベーション創出研究開発事業」に採択されました

経済産業省の平成20年度「地域イノベーション創出研究開発事業」に特定非営利
活動法人バイオインダストリー振興会議、国立大学法人大阪大学、アンジェス
MG株式会社、株式会社ホソカワ粉体技術研究所との共同研究の「新規核酸ハイ
ブリッド-スマップデコイの医薬品原体としての開発」が採択されました。
2008年05月12日
静岡で開催された第2回エピジェネティクス研究会に出展いたしました
(2008年5月9日~10日)

国内のエピジェネティクス研究者が意見交換を行う、日本エピジェネティクス
研究会が東レ総合研修センター(静岡県三島市)で開催され、ジーンデザインは
部位特異的DNAメチル化検出プローブ「ICONプローブ」他、当社の製品、
サービスの紹介を行いました。



2008年04月14日
東京で開催されたICSE JAPAN 2008に出展いたしました
(2008年4月9日~11日)

世界最大の医薬品原料・サービス展CPhI に併催される製薬業界に特化した
受託サービス展 ICSE JAPAN 2008 が東京ビックサイトで開催され、
ジーンデザインは当社の製品、サービスの紹介を行いました。
また、「核酸の可能性 - 医薬品開発と分子診断へのソリューション -」
という題でプレゼンテーションを行いました。

  

 

2008年04月09日
<池銀> コンソーシアム研究開発助成金に採択されました

平成19年度 <池銀> コンソーシアム研究開発助成金に、弊社の
「新規デコイ核酸を用いた難治生疾患に対する医薬品原体の開発」が
採択されました。
2008年03月31日
横浜で開催された日本薬学会第128年会に出展いたしました
(2008年3月26日~28日)

国内の薬学関係者が集まる日本薬学会がパシフィコ横浜で開催され、
ジーンデザインは当社の製品、サービスの紹介を行いました。



2008年02月29日
大阪で開催された彩都シンポジウムにてプレゼンテーションを行いました
(2008年2月26日~27日)

「核酸医薬品の可能性」と題された彩都シンポジウムが千里阪急ホテルにて行
われ、弊社学術部の佐藤が「日本発の核酸医薬品製造を目指して」という題で
プレゼンテーションを行いました。



2008年02月16日
Alexa Fluor®蛍光色素修飾サービスを開始しました

Alexa Fluor®蛍光色素シリーズはスペクトルの範囲が、近紫外線領域から
可視・近赤外線領域と広く、様々な用途にお使いいただけます。

弊社のDNA・RNA・LNA受託合成サービスでご利用いただけます。

特徴:
・強力な蛍光を示し、明るいコンジュゲートを生成します。
・光安定性が高く、より長時間の蛍光をキャプチャーできます。
・色の選択性が高く、多色用途に最適です。
・水溶性が極めて高く、有機溶媒を用いることなくコンジュゲート可能であり、
 保存中の沈殿が生じにくくなっています。
・pHの影響をほとんど受けず、広範なpHにわたりお使いいただけます。

価格などはこちら

2008年02月06日
日経BP社のホームページにジーンデザインの記事が掲載されました

外部リンクはこちら(日経BP社HP)
2008年02月04日
ICONプローブ・プレスリリースの公開

プレスリリースはこちら
2008年01月29日
ICONプローブの販売を開始いたします。

全く新しい部位特異的DNAメチル化検出プローブの登場です。

従来の手法に比べて、サンプルにダメージを与えること無く、短時間かつ、
わずかなサンプル量で、ゲノム中の目的とする位置でのDNAメチル化の量的
解析などが可能になります。

弊社は京都大学とライセンス契約を結び、国内で唯一のICONプローブの
製造・販売を行います。

製品情報はこちら


<ニュースリリーストップに戻る>


株式会社ジーンデザイン
〒567-0047 大阪府茨木市彩都あさぎ7丁目7番29号 TEL.072-640-5180 FAX.072-640-5181
Copyright 2004 GeneDesign Inc. All Rights Reserved.